浮気相手とそのままで大丈夫?

代償に高額な慰謝料請求が・・

浮気は男の甲斐性などと言われていた時代もありましたが、近年ではそんな理屈が通るはずもなく、浮気したがゆえに離婚となるケースが増えています。その一因は女性の社会進出がすすんだためでしょう。

夫に頼り切った生活をしなくとも、自分の稼ぎだけでなんとか生活できるような社会になり、また昔ほど離婚する人も珍しくなくなったため、ハードルが低くなってきているのです。

しかし、その一方で、逆に女性も浮気をするようになってきました。ある調査会社が街頭で男女100人にアンケートを採った結果、「浮気や不倫をしたことがあるか」という問いにイエスと答えたのは、男性の場合は40%、女性の場合は44%という結果になりました。

このように、もはや浮気は性別に左右されず、する人はする時代となったのです。また、ゆるい付き合いを了承していると、いつの間にか自分が浮気相手にされてしまうこともあります。

相手の都合に合わせるのが得意で、物事をはっきり言うことが苦手であり、自尊心が低い人は浮気相手にされやすいようです。恋人や奥さん・旦那さんがいても、自分を好きでいてくれるならそれでいい、などと現状に酔っていると、その代償に高額な慰謝料請求がやってくることもありますから、浮気相手になるならそのことをよく考えてから選択してください。

浮気相手となるデメリット

1.本気になっても、相手はしょせん遊びである
いくら「パートナーとうまくいっていない」と口で言っていても、うそであることがほとんどです。浮気相手から本命になり結婚する略奪婚という言葉もありますが、成功する人は極わずかでしょう。

また、あなた自身も燃え上がるような恋をしていると思っているかもしれませんが、パートナーがいる相手と関係を持つというスリルや優越感に酔っているだけのこともあります。

2.浮気相手だった過去は、後々まで影響を及ぼすことがある
人の口に戸は立てられません。もう過去だからと浮気相手であった過去を忘れて新しい生活をスタートさせようとしても、すでに貼られてしまった「浮気をしていた人」というラベルがはがれることはないでしょう。 のちのち本当に好きな人ができて結婚したいとなったときに、そのラベルが大きな障害となることがあります。 誰かが忠告として、結婚したい相手にあなたの過去をばらすかもしれません。浮気相手だった過去を知っても受け入れてくれるかどうかは、相手次第です。

3.友人が減る
浮気をしていると、なかなか友人に真実を話すことができなくなります。また話してしまえば、たくさんの友人をなくす可能性があります。 特に自分が結婚している人は、浮気相手になるような人間を快く受け入れることはしません。 面と向かって浮気相手であることを非難する人は少ないかもしれませんが、気がついたらほとんどの友人から距離を置かれていたということもあります。

4.バレたら信用を失い慰謝料請求されることも
不倫をしていた場合や、相手に婚約者がいた場合は、精神的苦痛を受けたとして慰謝料請求される可能性があります。もしも自分が原因で相手が離婚した場合は、高額の請求となります。 もちろん非は浮気相手だったあなたにあるので、請求されたときは潔く支払いましょう。

5.時間の浪費
男性にも女性にも、結婚適齢期というものが存在します。女性の場合は、特に35歳以上になると婚活市場ではなかなかもらい手が見つからなくなるようです。 浮気相手として一時の楽しさにかまけているうちに、気がついたら適齢期をすぎてしまったということになりかねません。

このように、浮気相手となるデメリットはたくさんあります。それらすべてを犠牲にしても、パートナーがいる人と恋愛を楽しみたいのか、冷静に考えてみましょう。