30歳からの治療 便秘

思春期にニキビができていなかった人でも30歳近くになってできてくる人もいる用です。ある時期からオデコ・こめかみ・みけん・アゴ・あと口の周りニキビができたりします。対処としては皮膚科にいくことをお勧めします。皮膚科では保険が適用できますので費用おく面でもお得ですね。皮膚科ではその人の症状にあった治療をしてもらえますので市販の薬を試用するより確実な効果が見込めます。皮膚科の治療としてはニキビの吸引、ピーリング、滅菌装置、化粧水などいろいろとあります。毎日の生活習慣も大切です。とくに便秘などになりやすい人は注意が必要です。自分でニキビをつぶしたりすると跡が残ってしましったりすることがありますので注意が必要です。皮膚科で診断して処置をしていくとニキビ跡が残らずにきれいに治る可能性が高くなります。また、ひどくなる前に早めの治療することも重要ですので悩んでいる間に行動しましょう。野菜などを積極的にとって便秘解消をするようにしましょう。体臭の原因にもなります。

皮膚科の中でもニキビ治療を積極的に取り組んでいる病院にいくこともポイントです。皮膚科の先生も得意な分野もありますのでまずは近くの皮膚科で調べてみましょう。便秘には運動も必要です。治療方法などが自分と合わない場合もありますのでどうしても診断してもらった皮膚科では改善がされなかったりした場合はほかの皮膚科に行ってみるのも良いでしょう。

2012年1月7日

このページの先頭へ